ローン審査ガイド

親子リレー返済の返済期間

住宅ローンのフラット35では親子リレー返済というローンを組むことが出来ます。
親子リレー返済というのは、申込者本人が子供などの子孫を後継者として連帯債務者に指定し、住宅ローンを組む方法のことです。
これは二世帯住宅を購入し、親子で協力して住宅ローン返済などで利用することが出来ます。

親子リレー返済の利点としてはは、住宅を購入し、親が定年退職するまでの期間に子供と共同してローン返済をすることにより、早期に完済が出来ます。
また親が定年退職などをし、収入がなくなってしまった場合でも、子供がローンの後継者として、ローンを引き継ぐ形になり、連帯保証にとして設定されているため、返済に困るという心配もありません。
後継者側から見ても、住宅を購入するにあたり、申し込み者である親が定年退職した際の退職金の一部を繰り上げ返済に回す事によりのちの返済も楽になりますので余裕を持って住宅ローン返済を行うことが出来ます。
親子リレー返済の返済期間はフラット35を利用して最長35年です。
その為定年間近でも親子リレー返済により、子に住宅ローンを引き継ぎますので、住宅購入をし住宅ローンを申請することが出来ます。

これは申し込み時に80歳を超えている場合でも申し込む事が出来ます。申し込み時の後継者の年令により返済期間を決める事が出来るのです。
後継者は70歳未満であり、連帯債務者として設定されることが条件となります。



おすすめカードリンク

ソニー銀行カードローンの気になる審査口コミはどうなの?金利や申し込み、返済方法までを分かりやすくご紹介します。借りやすく返しやすいカードローンだからあなたもきっと満足できます!

Copyright 2011「ローン審査ガイド」All Rights Reserved.